MOTECHにっく

モテる男になる方法・テクニックの紹介を中心に、恋愛関連の記事を書いています

LINE術 - 断られないデートの誘い方!必ず押さえるべき3つのポイント

LINEでデートに誘われる女性

気になるあの人をデートに誘いたいけど、いざ誘おうとするとどうしていいか分からない。どういう会話の流れで、何てLINEすれば断られずに上手くいくんだろう。
 
私が全くモテていなかったときに、こんな悩みを抱えていた時期がありました。しかし、ある3つのポイントを押さえることで非モテの私でもデートの誘いだけは上手くいくようになったのです(実際のデートは散々でしたが苦笑)。
 
この記事では、私が今でも実践している女性が思わずOKしてしまうデートの誘い方を紹介しています。
 
 

成功率を劇的に引き上げる3つのポイント

次の3つのポイントを押さえることで、LINEで女性をデートに誘ってOKをもらえる確率が格段に高まります。
 
  • Point1 デートに誘うまでのLINEのやりとり
  • Point2 デートに誘うタイミング
  • Point3 デートの誘い文句
1つだけでも効果的なので、気になるポイントから読んでいただいて構いません。これらに気を付ければ「勇気を出して誘ったのに断られてしまった。。」と悲しむ必要がなくなります。ではさっそく見ていきましょう。
 

Point1 デートに誘うまでのLINEのやりとり

LINEでデートに誘おうとする男性

OKを引き出すには、デートに誘うタイミングや言葉以前に、実際に誘うまでのやりとりがとても重要です。一体どんなやりとりをしたら、女性は誘われたときにOKを出しやすくなるのでしょうか。実は、LINEのやりとりの中で次の2点に注意することで、デートの承諾率は大きく向上するんです。
 
相手から自分への興味・信頼を得る
女性がデートの誘いをOKするかは、相手に対する印象や興味が大きな要因となるのは当たり前のことです。あなたが全く興味ない人から誘われたら絶対断りますよね。相手に興味をもってもらうには、「この人との会話ちょっと面白いかも」と思われる必要があります。何も雑学やうんちくを蓄えろとはいいません。少し、からかう要素をいれればいいのです。
 
褒めて落とす
 
これが一番のお勧め。距離がぐっと縮まりますし、何より会話がはずむので面白い人だという印象を与えることができます。
 
「ゆいちゃんってめっちゃ大人っぽくてかっこいいけど、実はアホだよね笑」
「あおいさんの趣味って読書なんですね~。素敵だと思う反面、結構パワフルな方だったから意外です笑」
「田中さんって肌白いよねーすごい綺麗だけど絶対田舎出身でしょw」(※田舎をディスっているわけではありません。)
 
女性にとっては信頼も大切な要素です。信頼を得るには素直かつ感情豊かな表現を心がけることです。上記の例で、既に必要な要素を含んでいるので見てみましょう。
 
  • 「大人っぽくてかっこいい」「肌が白くて綺麗」「素敵」といった、少し口に出すのが恥ずかしい言葉を素直に伝えている
  • 「めっちゃ」「すごい」などの修飾語で、感情豊かに気持ちを表現している(子供の純粋さを想起させます)
このような伝え方を繰り返すことで、「この人は嘘をつかない(つけない)純粋な人=信頼できる人」と思ってもらえます。
 
相手より下の立場にたたない
相手より下の立場にたつということは、自分の魅力を相手のそれより小さいものだと認めるに等しい行為です。その図式が出来上がった途端、その女性が自分とデートをしてくれることは非常に難しくなります。
 
下の立場にたたない秘訣は、重さを感じさせない余裕ある態度でLINEをすることです。返事が早かったり、文字数が多いとがつがつして余裕がなく見えたり、重い人だと思われてしまいます。次の2点を常に意識してLINEをしましょう。
 
  • 返信スピード:相手と同じか少し遅め
  • 文字数:相手と同じか少なめ
 
口説くつもり、相手に嫌われないようにするつもりで、いつのまにか下手に出てしまうことにも要注意です。
 
×ただ褒める → 〇褒めて落とす
「ゆいちゃんって頭も良くて、顔も綺麗とか完璧だよね!」 → 「ゆいちゃんって頭良いし顔も綺麗だけど、超運動音痴だよね笑」
 
×質問形式でお願いする(~?)→ 〇言い切る形でお願いする(~!)
「よかったらお勧めの本教えてくれませんか?」 → 「お勧めの本、是非教えてください!」
 
LINEのやりとりで恋愛関係までもっていく方法は以下の記事に書いています。

女性にモテるLINEテクニック!恋愛関係に発展させる3ステップとは

また、会話の基本原則をLINEでも用いると好感度が上がるのでオススメです。

モテる男の会話術!会話で女性を夢中にさせるたった3つの基本原則

 

Point2 デートに誘うタイミング

LINEが来るのを待つ女性

2つめのポイントは誘うタイミングです。「恋はタイミング」ともいうように、タイミングを外せば実るデートも実りません。でも安心してください。誘うタイミングには王道があります。
 
「相手が興味のある話題で盛り上がっているとき」に誘う
このときを狙えば経験上かなりの高確率でOKをもらうことができます。
 
例えば相手の趣味が映画なら、映画の話題で盛り上がり、そのときにデートに誘います。こう書くと簡単ですが、実際は中々うまくいきません。なぜでしょうか。
 
それは「女性の好みの話題について偶然こちらが詳しい・興味があることが少ないから」です。確かに、ネイルや少女漫画、エステなど女性特有の話をされてもどう盛り上げればいいか困りますよね。
 
しかし裏を返せば、相手の話題に常に乗ることさえできれば、いつでもデートに誘えるということになります。そこで、誰でもベストタイミングでデートに誘えるようになる方法をステップ化しました。
 
誘うベストタイミングを自分で生み出す4つのステップ
①無難な話題がでるまで趣味や好きなことについて聞く
男性が詳しいと気持ち悪いような話題は避けるべきです。映画やスポーツ、読書、旅行といった無難な話題が出るまで聞いてみましょう。
 
「ところで、ゆいちゃんの趣味って何?」
「気になったんだけど、田中さんって休日何してるの?」
「最近なんかはまってたりする?」
 
②相手の興味レベルに追い付くためにググりまくる
例えば、相手は美術展巡りが好きだとします。これは明らかに美術展デートをするチャンスです。LINEは幸い時間をおけるので、今やっている美術展や過去の巨匠たちについてググりながら興味がある風に会話しましょう。もちろん自分が詳しいことであればわざわざ調べる必要はありません。
 
③自然と会話が盛り上がる
心理学における「類似性の法則」によって、同じ趣味を持っていると感じてもらえれば自然と会話は盛り上がります。類似性の法則とは、似ている人に好感をもつという人間心理の傾向を表す言葉です。
 
④その話題に関するデート、もしくはご飯デートに誘う
スポーツの話題で盛り上がったのならスポーツ観戦に誘うのがいいでしょう。
「じゃあさ、20日の巨人対中日戦観にいこうよ!忙しかったら来月の3日とか!」
 
もしそうしたデートのハードルが高いと感じたら、どんな話題であろうとご飯デートに誘う方法があります。
「田中さんと話すのすごい楽しー^^直接話したい!ランチいこーよ。来週の土日どっちか希望!」
 
ステップに沿って自ら盛り上がる会話の流れを生み出すことが、数多のデートの誘いを成功に導く鍵となります。
 

Point3 デートの誘い文句

デートの誘い文句をLINEで入力する

最後は誘い文句です。ここでのポイントはNGワードを使わないことと、受け入れられやすい誘い方をすることです。
 
絶対に使ってはいけないNGワード
「今度、暇なときお出かけしませんか?」
実は、この文章はNGワードだけで構成されています。最悪です。では何がまずいのか見ていきましょう。
 
「今度」
未来永劫来ることのない恐ろしい言葉です。社交辞令として済まされてしまいます。「今度」ではなく、「今週の日曜の昼」といった具体的な日時を指定しましょう。こうすることで、少なくとも相手が手帳を見るところまでもっていくことができます。
 
「暇なとき」
暇だと言われている女性の気持ちになってみましょう。嫌ですよね。特に現代の人間はSNS等の普及により、暇だと思われることに強い不快感を感じます。「今週の土曜、暇だったら飲みに行きませんか?」も同様にNGです。「暇だったら」を外しましょう。
 
「お出かけ」
これでは何をするのか分からず、判断できないため応えようがありません。同様に「遊ぼう」「デートしよう」といった言葉もNGです。「吉祥寺のホットケーキが有名な喫茶店でお茶しよう」「新しく品川にできた水族館にいこう」など、具体的に何をするのかを明示するようにしましょう。
 
「しませんか?」
「?」を用いると「Point1 誘うまでのやりとり」でも説明したように、立場を低くする原因となり断られやすくなります。絶対ではありませんが、基本的に「?」は使わず、「~しよう!」「~行こう!」といった言い切る形にしましょう。
 
紹介したポイントを用いて最初に挙げた誘い文句を改善すると以下のようになります。
「今度、暇なときお出かけしませんか?」
「今週の土曜、吉祥寺のホットケーキが有名な喫茶店でお茶しましょう!」
 
思わずOKしてしまう心理テクニック
二者択一法
選択肢を2つ設けることで、どちらかを選ばなければならないという心理にさせるテクニックです。選択肢が「行く」「行かない」ではなくなるため、断られるリスクを下げることができます。デートに誘うときは基本的に日時に応用しましょう。
 
「来週の金曜日か土曜日の夜、新宿のバーでゆっくり飲みましょう!」
 
カチッサー効果(理由をつける)
何かしら理由をつけるだけで、頼み事を引き受けてくれる確率が1.5倍~2倍に上がる効果のことです。ただし口実的な理由付けは、素直じゃないなと思われて敬遠される可能性があるため避けるべきです。
 
〇「青山一丁目にアボカドをメインにしたカフェができたらしい!明後日そこでランチしよ!」
×「来週の土曜日ディズニーいこーよ!男友達に断られちゃってさ><」
 

【LINE画像】具体例:気になる女性に久しぶりにLINEしてデートに誘うケース

実例ではありませんが、3つのポイントを押さえて誘っている*具体例を紹介します。ゆうきくん(26)がゆいちゃん(26)を映画デートに誘うまでのやりとりを表現してみました。SFについて本当は詳しくないゆうきくんは、SFの話題になったときLINEの合間にググって調べています(笑) 
 

LINEでデートに誘うまでのやりとり

*トーク画はもじまるにて作成

まとめ

  • LINEでデートに誘って成功するポイントは「デートに誘うまでのやりとり」「デートに誘うタイミング」「デートの誘い文句」の3つ
  • デートに誘うまでのやりとりでは、相手から信頼・興味を得る、相手より下の立場にたたないことを意識すること
  • デートに誘うタイミングは、相手が興味のある話題で盛り上がっているとき
  • デートの誘い文句は、「NGワード」に注意しつつ、「OKをもらいやすくなる心理テクニック」を用いた言葉
 

おまけ:文例まとめ

この記事で取り上げた文例をまとめています。
 
Point1 デートに誘うまでのLINEのやりとり
相手から自分への興味・信頼を得る
「ゆいちゃんってめっちゃ大人っぽくてかっこいいけど、実はアホだよね笑」
「あおいさんの趣味って読書なんですね~。素敵だと思う反面、結構パワフルな方だったから意外です笑」
「田中さんって肌白いよねーすごい綺麗だけど絶対田舎出身でしょw」(※田舎をディスっているわけではありません。)
相手より下の立場にたたない
(×ただ褒める → 〇褒めて落とす)
「ゆいちゃんって頭も良くて、顔も綺麗とか完璧だよね!」 → 「ゆいちゃんって頭良いし顔も綺麗だけど、超運動音痴だよね笑」
(×質問形式でお願いする(~?)→ 〇言い切る形でお願いする(~!))
「よかったらお勧めの本教えてくれませんか?」 → 「お勧めの本、是非教えてください!」
 
Point2 デートに誘うタイミング
無難な話題がでるまで趣味や好きなことについて聞く
「ところで、ゆいちゃんの趣味って何?」
「気になったんだけど、田中さんって休日何してるの?」
「最近なんかはまってたりする?」
その話題に関するデート、もしくはご飯デートに誘う
「じゃあさ、20日の巨人対中日戦観にいこうよ!忙しかったら来月の3日とか!」
「田中さんと話すのすごい楽しー^^直接話したい!ランチいこーよ。来週の土日どっちか希望!」
 
Point3 デートの誘い文句
絶対に使ってはいけないNGワード
「今度、暇なときお出かけしませんか?」
「今週の土曜、暇だったら飲みに行かない?」
理想形
「今週の土曜、吉祥寺のホットケーキが有名な喫茶店でお茶しましょう!」
二者択一法
「来週の金曜日か土曜日の夜、新宿のバーでゆっくり飲みましょう!」
カチッサー効果(理由をつける)
〇「青山一丁目にアボカドをメインにしたカフェができたらしい!明後日そこでランチしよ!」
×「来週の土曜日ディズニーいこーよ!男友達に断られちゃってさ><」