読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOTECHにっく

モテる男になる方法・テクニックの紹介を中心に、恋愛関連の記事を書いています

女性との会話を盛り上げるテクニック - 誇張と断定

f:id:reo_koikawa:20170501213112j:plain

「女性との会話が苦手…。」「2人で話すときいまいち盛り上がらない。」
 
誰でも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事で紹介する2つのテクニックを使えば、驚くほど女性との会話を盛り上げることができるようになります。
 
是非、合コンや好きな人とのデートで試してみてください。きっと女性の反応が変わると思います。
 

女性との会話を盛り上げるコツ

会話の基本原則は、モテる男の会話術!会話で女性を夢中にさせるたった3つの基本原則で紹介しているように、「相手が興味ある話題で会話する、共感する・理解を示す、褒める」の3つです。
 
女性との会話を盛り上げるコツは、これらをベースとして、次の2つの技法を会話に取り入れることです。
 
  1. 誇張 ー 大げさなリアクションと表現
  2. 断定 ー 決めつけて関心を誘う
 
それぞれについて、なるべく多くの具体例を用いながら説明していきます。
 

誇張 ー 大げさなリアクションと表現

1つ目のテクニックは、誇張です。誇張のテクニックには、リアクションの誇張と、相手の特徴の誇張の2つがあります。
 
リアクションを誇張する
女性は、会話において共感されることを最も重要視しています。女性の話に対する反応を誇張することは、共感してる感を増幅させることになり、「この人私の話を親身に聞いてくれる!」と女性が楽しめるため会話が盛り上がります。
 
誇張の方法は言葉で示す方法と態度で示す方法があります。
 
 
言葉で示す場合
普段の反応(相槌)に「めっちゃ」「すごい」「本当に」 などの強調の副詞をつけましょう。
 
 
「めっちゃいい!!」
 
「ほんと面白いねそれ!」
 
「すっごい分かるわ。」
 
 
このように、ちょっと工夫するだけで心から共感・理解しているということを伝えることができます。
 
 
態度で示す場合
リアクションは言葉だけではありません。表情や身振り手振りなどでも大げさな反応を心がけましょう。態度によって言葉の重みも自然と変わってきます。
 
 
(特に表情なく)「へぇーそうなんだ。」
(驚いた顔をしながら)「へぇー!そうなんだ!!」
 
 
(特に動かず)「マジか。それで?」
(身を乗り出しながら)「マジか!それでそれで??」
 
 
他にも、指をさしながら「それね!」と言ったり、目を見開きながら「本当に!?」といったように、態度を大げさにすると女性は喜んで話を続けることができます。
 
相手の特徴を誇張して表現する
褒めたり、いじったりする際にちょっとオーバーな表現を用いることで、褒める効果を高めることはもちろん、女性からのツッコミや場の笑いを誘うことが狙いです。
 
 
「○○さんの髪、めちゃくちゃ綺麗だね。世界一かも。」
 
「○○さんって超絶天然だけど、小さい時頭ぶつけた?」
 
 
1つ目は、真剣な顔つきで言うことで女性を喜ばせられると同時に、「世界一は言い過ぎ~!」といったツッコミを受けることができます。「確かに世界一は言い過ぎたかも。」など応戦すると、さらなるツッコミを呼び込み盛り上がります。
 
2つ目は、場を沸かせるだけでなく、女性の「ひどーい!うち天然じゃないし!」などといった返事から、天然エピソードで会話を発展させることができます。
 

断定 ー 決めつけてツッコミを誘う

2つ目のテクニックは、断定です。ここでいう断定とは、女性のステータスを勝手に決めつけて話を進めることです。
 
  • え、何で知ってんの?
  • 違うし!なんでそう言うの[思うの]?
 
という2種類のツッコミを誘うことが狙いです。断定すると、合ってる場合と間違ってる場合とで、必ずこのどちらかを引き出すことができるのです。
 
断定するときの注意点は、褒めるかいじるかの目的によって断定した理由を用意しておくことです。でないと、その後の女性からの質問に答えられず会話が詰まってしまいます。
 
では目的別に断定の例を紹介します。
 
褒めることを目的とした断定
褒めることを目的としているので、断定の理由に褒め言葉となるものを用意しましょう。
 
 
(見た感じがお洒落な学生に対して)
「○○さんは1人でいるとき青山とかのカフェで読書してるでしょ。」
 
相手の女性がファッショナブルで、お洒落だと褒めたい場合に、このような断定をすると、「そんなことしないよ~(笑)なんでそう思うん?」などと返され自然と褒める流れに持っていくことができます。
 
 
(話すのが上手な社会人の女性に対して)
「営業の仕事楽しい?忙しいと思うけど。」
 
トーク力があるところから営業職と断定しています。当たっていれば「え、何で営業って知ってるの?」と返されますし、外れていれば「営業してないよ(笑)何の話(笑)」となって、どちらにせよ目的を叶えながら会話を盛り上げていくことができます。
 
 
いじることを目的とした断定
いじることが目的であれば、その女性のキャラクターを断定するのがコツです。
 
 
(「歩くの疲れた…。」という女性に対して)
「おやおや、お姫様だっこしましょうかお嬢様。」
 
体力がないところからお嬢様とキャラ付けしています。もしかしたら本当にだっこできるかもしれないので一石二鳥かもしれません(すみません)。
 
 
(「旅行行きたい~。」という女性に対して)
「そりゃ彼氏と部屋でいちゃいちゃしてばっかだとたまには外に出たくなるさ。」
 
彼氏持ちで、いつもインドアなデートをしているタイプの女性だと断定してしまいます。「いちゃいちゃばっかしてないし!ふざけんなー!(笑)」というツッコミ狙いです。彼氏がいるかを確かめることもできますね。
 
 
「金持ちはいいね。」といって女性を金持ちの設定にしたり、「男より男らしい」など、常識的・恋愛的にあまりいいキャラとされないものへの断定は避け、嫌味にならないように気を付けましょう。健全に盛り上がるのが一番です。
 

おわりに

誇張と断定は、すごく簡単に実践でき、それでいてかなりの効果が期待できるテクニックです。このシンプルなテクニックで女性との会話を楽しみましょう。その際「相手が興味ある話題で会話する、共感する・理解を示す、褒める」の3原則は忘れないようにしてくださいね!