MOTECHにっく

モテる男になる方法・テクニックの紹介を中心に、恋愛関連の記事を書いています

運営者Hayatoのプロフィール

banner

f:id:reo_koikawa:20170827185321j:plain

僕の恋愛人生を少々語るのと同時に、このブログをなぜ始めたのか、その背景と想いを綴っています。恥ずかしい内容ではありますが、お手すきの時間にでも読んでくださいませ。
 

プロフィール

【出身】
福岡生まれ、東京在住。
【ペット】
愛犬はヨークシャテリア(レオ)。インコやハムスター、コウモリも飼ってました。
【好きなキャラクター】
スヌーピー
【好きなアーティスト】
Mr.Children、 B'z、 L'Arc〜en〜Ciel、 Oasis
【好きな映画】
Life Is Beautiful、 High School Musical
【好きな漫画】
3月のライオン、 デスノート、 東京喰種
【趣味】
海外旅行、カメラ、 読書、 散歩、ギター、いろいろ考えること。
 

2度(本当は4度)の失恋

僕の初恋は小学生でした。半年間片思いした相手に、勇気をもって告白するも玉砕。2度目の恋は中学2年生。くじびきの席替えでいかさまをして隣になるも緊張して話しかけることすらできず…。1年とちょっと片思いしていましたが卒業と同時に相手が引っ越してしまい何もできず終了。僕は好きな人と話すこともできない典型的なダメ男でした(後述しますが、この後高校で2度振られるので4連続失恋です。はげますね)。
 
恋した女性2人は、当たり前ですがどちらも僕にとっては驚異的に魅力的な人間でした。一緒にいたい、付き合いたい、付き合えたらどんなに楽しいだろう、幸せだろう、といつも考えていました。しかし緊張して仲良くなれなかったら、告白で失敗したらそこで試合終了なんです。当たり前のことに気づいたあの頃でした。
 

好きな人を絶対に逃したくない

当時仲良くしていた友人は僕が片思いで苦しんでいる中学3年生のときに、見事告白を成功させ、よくその子との出来事を楽しそうに僕に話していました。そうなるといやでも失恋の哀しみや辛さと、好きな子と上手くいくことの違いの大きさを痛感してしまいます(あのときは笑ってたけど心はめっちゃしんどかったのだよ)。
 
しかしそのおかげで、僕は好きな人を絶対に逃したくない、とも思えるようになったのです。恋愛がうまくいくのかいかないのかでこんなに気持ちに差が出るなら誰だって幸せになるほうを選びたいですよね。僕の場合はふつうの人より少しだけ「好きな人を絶対に逃したくない」という気持ちが強かったようです。
 

"モテ"について本気出して考えてみた

高校に入学する直前まで、毎日のように”モテ”について考えていました(今思うときもいなって思ったけど、冷静に今もそうでした。はい)。
 
中学のころクラスの中心だったやつは女子に人気だったな…。
スポーツができるやつもモテてた。
でもガリ勉くんはモテてなかったなぁ。
よく女の子と遊んでた男の子はなんかかっこよかった。
 
今まで見てきたものをプライドを捨てて冷静に考察すると、なんとなーく共通点が分かるよな分からないような、、そんな状態になりました。今までモテたことないですもの。分かるわけないでしょう!何をいってんだ君は!
 
そんなこんなで高校に入学してしまったので、取り敢えずモテてるやつの真似をして過ごしました。優しくしてみたり、髪型きめてみたり、自信満々にみせたり、女子の扱い慣れてますよ感だしたり、ダンススクールに通ってみたり…。
 
そして見事半年ほどで2人に振られました。流石です。勿論苦しかったですが、過去の2人と比べそこまで好きな相手ではなかったので、早々に立ち直ることができました。そしてついに!モテについての研究を始めて約1年、初めての恋人ができたんです!(パチパチ)
 
初彼女できるまでに行動の割に時間かかりすぎ、っていう突っ込みはいったん置いといて。その後もモテについての研究を怠ることなくトライ&エラーを繰り返し繰り返し行いました(見えないところで結構エラーしました)。結果、高校2年間で10人以上とお付き合いできました。もちろん母数もそれなりですけどね、ふふ。
 

やはり"モテ"には法則がある!

最初の方は告白の成功率でいうとボロボロでしたが、後半は人気のある可愛い女の子とほぼ100%お付き合いできるようになっていました。実際に行動を起こして分かってきたのが、やはり恋愛は成功するととても幸せな気持ちになれるってことと、上手くいくにはやはり秘訣や法則があるということです。
 
高校で見つけた法則を、大学に入ってからも、社会に出てからもブラッシュアップし続け、現在に至っています。中学のときに心から願った「好きな人を絶対に逃したくない」という想いは達成されたといってもいいくらいになりました。まさに人生モテ期!(これを周りにいうとドン引かれます、が、それでも僕は幸せです)
 

恋愛で日本を元気に!少子化を解決したい!

大学のころから恋愛相談を受けるようになり、今でもしばしば相談にのっているのですが、最近(2017年の3月)ふと思いました。僕が失敗しまくって蓄積されたこの知識を、経験を、データを公開しよう!と。自分の身の回りだけでもこんなに恋愛で悩んでいる人がいるんだったら、世の中にはもっともっと悩んでいる人はいるんじゃないかと。
 
さらにいえばこの全人類共通の悩みを解決すれば、恋愛によって幸せになる人が増え、小鳥はさえずり、花は咲き誇り、世界から悪がなくなっmぁこいrvはlれlf:あ
 
結果、結婚する人が溢れて少子化の解決に繋がるんではないかと(わりと本気で)考えています。
 
モテる方法というとチャラいとか、計算高いとか悪いイメージをもたれやすいですが、僕の考えは違います。どんな過程を経ようと、好きになった人と一緒にいられてお互いが幸せになれればそれでいいんです。証拠に、恋愛が成就した人は例外なくとても幸せそうな顔をします。そうです、恋愛は美しいものですから(真顔)。
 

この記事を読んでくれた皆さんへ

上記のような少し大それたことを考えながら記事を書いています。適当なことは書きたくないので、理論も実践もバランスよく折り込み、なにより分かりやすく、実用に堪える記事を目指して書いていこうと思います。そのため量よりも質を重視したく、更新に多少時間はかかりますが(1週間に1本は書きたい…!)、ゆるっと応援していただけると嬉しいです!
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。これからも是非是非「MOTECにっく」をよろしくお願いします^^
 
初恋について語った記事はこちら↓